カニが一番!!

kegani11

かにの食べ方は色々ありますが、新鮮なかにならお刺身が一番ではないでしょうか。

 

甲羅から剥がしたかにの身を氷水に入れて身を引き締めます。

 

そうすると花弁状になりますので、ポン酢や薄めのお醤油で美味しくいただきます。

 

お正月に食べるかにすきや茹でがにも良いですが、焼きがにはまた格別な味がします。

 

私は贅沢ながら子供の頃から焼きがにが大好きで、母がガスコンロで焼いてくれる焼きがにを頬張るのが楽しみでした。

結婚した今では、ホットプレートで焼きがにをして主人と一杯やっています。

ワンポイントアドバイスですが、焼く時にホットプレートの蓋をして蒸らすようにすると、中まで早く火が通ってしかもジューシーです。

 

私は天然の塩味のままでいただきますが、薄いと感じたら食塩を少々ふりかければOK♪いつか七輪を購入したいと思っていて、炭をおこして本格的に焼きがにや焼きさんまを楽しみたいという密かな目標があります。
かにの調理法としては、他に子供達も喜ぶ焼きがにのグラタンでしょうか。

みじん切りにした玉ねぎをバターで炒め、マッシュルームとかにの身を入れてさっと炒めます。

その後白ワインで風味をつけ、蒸し煮にします。その後ホワイトソースを合わせて器に詰め、チーズを乗せてからオーブンで焦げ目がつくまで焼きます。

器ですが、かにの姿の甲羅があったら綺麗に洗い、それを使っても雰囲気が出て良いです。

 

大人だけでいただく時はかにみそも加えますが、子供達の為に作る場合がほとんどなのでかにみそは加えません。

 

大人の味に仕上げたかったら、是非かにみそを投入して下さいね。ぐんと美味しくなりますから。